30代女性必見!シンプリストが教える少ない服でおしゃれを楽しむコツ

シンプルライフ
記事内にアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。

シンプリストのさなぎ(@oyasumi_no_kuni)です。

30代になると、ファッションの選び方やライフスタイルが変わり、洋服選びが難しくないですか?たくさんの服から毎日のコーディネートを考えるだけで朝から疲れてしまう方も少なくないと思います。私はシンプルでミニマリストな生活を目指して洋服の数を最適化することで、毎日選択に迫られることもなく、お気に入りの服を着て過ごせるようになりました。

この記事では、少ない服でおしゃれを楽しむための秘訣と実践方法をご紹介します。私は季節のはじまりごとに以下の手順で服を選抜し、毎日お気に入りの服を着ています。

1. やりたいスタイルの明確化

雑誌で気になるコーディネートを保存

まず、雑誌やウェブサイトで気になるコーディネートを見つけたら、手持ちの服が使えるかどうかは考えずに、気になったものを保存しておきます。これにより、自分のスタイルの方向性を見極めることができます。

違和感のないスタイルか確認

保存したコーディネートを、カメラアプリで自分の顔とコラージュしてみます。違和感があれば、そのスタイルは自分に合わないことがわかり、逆に違和感がなければ、そのスタイルは採用します。このプロセスを経ることで、自分に合うスタイルを見つけやすくなります。

ライフスタイルに合うコーディネートか確認

自分のライフスタイルに合ったコーディネートを選ぶことも大切です。例えば、スカートスタイルに惹かれても、実生活で動きづらければ採用を見送ります。これにより、実際に使いやすい服を選ぶことができます。

追加候補のアイテムのリストアップ

採用するコーディネートをストックしたら、追加すべきアイテムがあればリストアップしておきます。これにより、必要なアイテムを把握しやすくなります。

2. 手持ちの服を絞り込む

以下の方法で、その季節にしたいコーディネートややスタイルに合致するアイテムを残します。選考から外れたものでも、他の季節に使える可能性があるものは保留し、年間通して一度も採用されなかった服は手放します。

コーディネートで使えるアイテムの確認

前項で採用したコーディネートで使えるアイテムがあるかどうか確認します。使えるものは手持ちに残し、他のアイテムはその季節に着られるものだとしても採用を見直します。

使う色を絞る

ベースカラーと差し色を決め、色の組み合わせもある程度決めておきます。例えば、私の場合はベースカラーは白・黒・グレー・ベージュ、差し色は青・緑です。このように色を絞ることで、選択肢が減り、色合わせで迷うことがなくなります。

自分の定番を決める

骨格診断や顔タイプ診断、または自分の目指す雰囲気から、自分の定番を決めると楽になります。私の場合は、タイトトップス+フレアスカート、オーバーサイズトップス+タイトボトムス、上下ワントーンのIラインコーデに別の色の羽織を重ねるなどが定番です。これにより、自分のスタイルが確立されます。この自分の定番スタイルで使えるアイテムも残します。

また、私はなるべく組み合わせの選択肢を減らすため、靴・バッグ・靴下は黒で統一、アクセサリーはシルバーとゴールドのネックレス・ピアス・リングのセットを作ってあります。

3. 服の組み合わせの考え方

前項で取捨選択したアイテムから組み合わせを考えていきます。私は以下のような手順でコーディネートを考えていきます。

アイテムごとに属性を決める

目指したいコーディネートのトータルバランスを決めます。例えば、私の場合はきれいめ/カジュアルの割合を7:3や6:4を意識しています。そして、アイテムごとにきれいめ/カジュアルの属性を決め、組み合わせの際に足し引きしていきます。このようにある程度アイテムの属性をあらかじめ決めておくと、コーディネートがしやすくなります。

コーディネートを決める順番

私の場合はボトムス(ワンピースも含む)→トップス→アウター→靴バッグの順番でコーディネートを決めます。ボトムスやワンピースから決める理由は、体を覆う範囲が広く、コーディネート全体に与える影響が大きいからです。アウター・靴・バッグは気候やシチュエーションに応じて組み合わせを複数パターン作ることもあります。このように組み合わせるアイテムを決める順番があると、コーディネートがスムーズになります。

基本的に使用する色は3色まで

アクセサリの色を除いて基本的に使用する色は3色までにします。これにより、コーディネートがまとまりやすくなります。

手持ち服で組んだコーディネートで不足するアイテムは買い足しを検討

手持ちの服で組んだコーディネートで不足するアイテムは買い足しを検討します。ただし、購入する場合は、ワンシーズンに1つくらいテンションが上がる旬アイテムを投入することが多いです。このように計画的に買い足すことで、無駄な出費を防ぎます。

4. 服を買うときに意識していること

アウターや靴バッグ小物類以外はシーズン中に着回すことはあまり考えない

7コーデを組むとして上下7着ずつ、合計14着を手持ち服としても特に多くはないと考えます。むしろ組み合わせが固定されていれば迷うこともないので、究極のシンプルコーデになります。基本的に上下の組み合わせで、手持ちのアイテムと最低でも1コーデ最高の組み合わせが組めれば合格です。このように着回しはあまり考えずに、コーディネートを組むことで、服選びが楽になります。

手持ちのバッグ・靴と合うかどうか

バッグや靴はそうそう買い足すものでもないので、合わないものは絶対に買いません。これにより、無駄な買い物を防ぎます。

他のシーズンでも着られるかどうか

季節が変わっても着られるかどうかを考えます。シーズン中に着回しができなくても、重ね着や羽織物として他の季節で使えるかどうかを考えることで、年間を通して長く使えるアイテムを選ぶことができます。

自分の定番の色の中から選ぶ

自分の定番色の中から選ぶことで、色の組み合わせが上手くできずに結局使わなかったということを防ぎます。私の場合、白・黒・グレー・ベージュ・青・緑に当てはまるかどうかで選びますが、グレージュなどの複雑な色味も、グレーとしてもベージュとしても使えて、比較的何にでも合うので使いやすいです。このように定番の色を選ぶことで、自分のしっくりくるコーディネートを組みやすく無駄な買い物を防ぎます。

5. 服を減らすメリット

少ない服を厳選して持つことで、次のようなメリットがあります。

  • 節約:無駄な出費が減り、服に使うお金を他の必要なものに回せます。これにより、家計が楽になります。
  • 管理が楽:クローゼットがスッキリし、管理がしやすくなります。服が少ないと、収納スペースも必要最低限で済むため、整理整頓が簡単です。
  • 心の余裕:毎日のコーディネートに悩む時間が減り、心に余裕が生まれます。服が少ないと、選択肢が限られるため、迷うことが少なくなります。

まとめ

このように、シンプルでミニマリストなファッションを実践することで、日々のストレスを減らし、QOLを向上させることができます。自分に合ったスタイルを見つけ、少ないアイテムでおしゃれを楽しむことで、毎日がもっと楽しくなります。ぜひこの記事を参考に、ミニマルなファッションライフを楽しんでください。

おわり。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました